ひじの黒ずみのセルフケアの方法をご紹介します。

ひじの黒ずみは、ひじが摩擦などから自分を守ろうとして角質が厚くなって硬くなったり、乾燥することなどが原因で起こります。ですから、ひじの黒ずみのセルフケアをしようと思ったら、原因に対応した方法が必要になります。ひじの黒ずみのセルフケアの一番に簡単で身近な方法としては、「ピーリング」と「保湿」です。ピーリングは、顔に行っている場合は同じピーリングジェルを使うことができます。週に1回程度、定期的にピーリングを行うことで、古い角質が取り除けますのでひじの厚い角質を正常な厚さに柔らかくすることができます。ただ、毎日のようにピーリングをやり過ぎると皮膚が薄くなってしまうので、ほどほどにやるのがベストです。お風呂に入るときに顔、ひじ、ひざ、くるぶし、かかとなどの角質が気になる部分をまとめてピーリングするのがおすすめです。ピーリングをしたら、角質を取り除いたことで、乾燥しやすい状態になるので、必ず保湿もするようにしましょう。一番簡単なのは、顔に使っている化粧水と乳液をお風呂上りにひじにもつけることです。お気に入りのボディクリームなどを使っても良いでしょう。スクラブ石鹸がお好きな方は、ピーリングではなくスクラブを使うという方法も有りです。

ひじの黒ずみケアで評判のクリーム