ひじの黒ずみのセルフケアの方法をご紹介します。

ひじの黒ずみは、ひじが摩擦などから自分を守ろうとして角質が厚くなって硬くなったり、乾燥することなどが原因で起こります。ですから、ひじの黒ずみのセルフケアをしようと思ったら、原因に対応した方法が必要になります。ひじの黒ずみのセルフケアの一番に簡単で身近な方法としては、「ピーリング」と「保湿」です。ピーリングは、顔に行っている場合は同じピーリングジェルを使うことができます。週に1回程度、定期的にピーリングを行うことで、古い角質が取り除けますのでひじの厚い角質を正常な厚さに柔らかくすることができます。ただ、毎日のようにピーリングをやり過ぎると皮膚が薄くなってしまうので、ほどほどにやるのがベストです。お風呂に入るときに顔、ひじ、ひざ、くるぶし、かかとなどの角質が気になる部分をまとめてピーリングするのがおすすめです。ピーリングをしたら、角質を取り除いたことで、乾燥しやすい状態になるので、必ず保湿もするようにしましょう。一番簡単なのは、顔に使っている化粧水と乳液をお風呂上りにひじにもつけることです。お気に入りのボディクリームなどを使っても良いでしょう。スクラブ石鹸がお好きな方は、ピーリングではなくスクラブを使うという方法も有りです。

ひじの黒ずみケアで評判のクリーム

脇の黒ずみは自己処理が原因

脇の黒ずみはこれからの季節は悩みの種です。脇の黒ずみには2種類あります。ひとつは毛穴が目立つ黒ずみ型です。脇は太く硬い毛質なので剃ると毛穴が黒くなりそれが全体黒ずみっぽく見えます。また、毛抜きで抜くと太い毛質なため穴が開きます。そこに汚れがつまるのも原因です。もうひとつは皮膚が黒ずんでいる場合です。

乾燥や摩擦が原因です。脇は腕を動かす事で衣類などの摩擦が発生します。どうしても摩擦を避ける事はできません。カミソリ処理による皮膚の表面も傷つけ色素沈着の原因になります。お勧めの脇毛処理は低刺激性の脱毛クリームです。特に脇の下は皮膚が柔らかく傷つけやすい部分です。

陰毛クリームのように直接肌に刺激をなくして除毛する方が黒ずみの原因の予防に繋がります。すでに黒ずみがある場合は美白化粧水を顔のケアをするついでに脇下もケアしましょう。乾燥と摩擦を極力起こらないようにするために保湿クリームなどで保湿も心がけましょう。しかし、自己処理で皮膚を傷つけずに行うのは難しいところがあり、脱毛サロンで永久脱毛がお勧めです。

脇の黒ずみは自己処理が主な原因です。自己処理と違って脇の黒ずみも解消され綺麗な脇下になります。無料カウセリングを受けてみてもいいかも知れません。

 

膝の黒ずみを取るのにおすすめのクリーム

 

脇の黒ずみができる原因

脇がくすんでいたら、暑い時期の露出が結構多い時には、着たい服も着れません。二の腕はだいたい綺麗ですから脇の黒ずみは特別目立ってしまいます。モデルさんのような綺麗な脇を目指しましょう。脇に黒ずみが出来る原因は脇毛の処理の時に肌を傷つける事で黒ずみになってしまいます。カミソリは表面も一緒に剃ってしまい、毛抜きで抜くと毛穴を傷つけてしまいます。

脱毛クリームは刺激のあるタイプが多いのが悩みです。黒ずみはターンオーバーのリサイクルが狂った状態で古い角質が蓄積された状態です。肌を再生が低下したままでは黒ずみがひどくなる一方ですので顔のスキンケアと同じで脇にも保湿をたっぷり塗り潤いが必要となります。皆さん顔のスキンケアは念入りにするけど脇はしないと言う方が多いはずです。

やはり脇の下もケアが必要なのです。脇の黒ずみを消す方法は、専用ジェルを使用すると1本で肌に良い成分は含まれていて手軽にケアが出来ます。もちろんお顔の手入れのついでに脇にも化粧水や美容液、保湿と浸透さすと効果はあります。別で購入するのも…と言う方は顔と並行してケアするのもひとつの方法です。脇の下は汗もかきやすく臭いも発生してしまう場所でもあります。脇の下専用ジェルは臭いの元となる雑菌を繁殖させない成分も含まれていて効率的です。特別な場所だから脇の下専用ジェルをお勧めします。

ちくびの黒ずみの原因